雨氷

雨氷-1
雨氷-1


雨氷-2
雨氷-2


雨氷-3
雨氷-3





スポンサーサイト

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

山あいの冬

blg_雪煙舞う-1

雪煙舞う



blg_雪の山道-2

雪の山道



blg_霧氷に囲まれて-3

霧氷に囲まれて



blg_雪かぶる-4

雪かぶる



残り柿

残り柿


山あいの里は、すべてが雪の中
ある時は霧氷に包まれ、ある時は雪に埋もれる
白銀の世界に、静寂の時が続く

突風は、枝葉に掛る雪を吹き飛ばし雪煙となり
白い衣はたちまち消え、また梢がぴんと伸びる
山あいの里に、また雪が来る








冬の高ボッチ

13-1

横河川の源流



13-2

レンゲツツジの木も雪化粧



13-3

カラマツの霧氷



13-4

カラマツ林の霧氷



13-5

草木も凍てつく


高ボッチ高原には標高1,665mの高ボッチ山、更に登ると標高1,929mの鉢伏山があり360度の展望ができます。

真冬は閉鎖されて車で入れないが、春・夏・秋と楽しめる高原は全国の写真愛好家に好まれています。

冬季閉鎖は12月初旬ですが、それ前に降雪があれば素晴らしい雪景色が見られます。






冬の諏訪湖

御神渡

  御神渡り


押し出された氷

  押し出された氷


氷上の白鳥達

  氷上の白鳥達


夕日の湖面

  夕日の湖面


諏訪湖の全面結氷は温暖化により最近では珍しく、御神渡りの神事も少なくなってきたと言われています。
昔は諏訪湖の氷上に飛行機も降りたとの話もあり、スケートは当たり前で幾つものリンクが設けられ、冬の代表的なスポーツであったといいます。 
今年は久しぶりに寒波到来で、零下10度前後の日が続き4年ぶりの発生となりました。
2月4日には氷の厚さが10cmと確認され、「御神渡り」の出現と判定されました。
神事では、農業の吉凶を占うといいいます。
また、寒さが続けば氷上のワカサギ釣りも楽しめるようになるでしょう。


















冬のしだれ栗 その1

冬のしだれ栗

雪のしだれ栗は樹形を際立たせてくれ、造形的に面白い。
積雪が十分あるときが狙い時だが、最近は中々思うような情景にならない。



プロフィール

Iwao Matsuzaki       (松崎 巌)

Author:Iwao Matsuzaki       (松崎 巌)
Welcome to my blog.

山岳・自然風景を求め、一瞬の出会いを大切にしているPhotographerです。

最新記事
カテゴリ
アルバム
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
QRコード
QR